スタディサプリ

【コスパの神】スタディサプリを受けた感想・料金体系・評判口コミ

ここ数年で一気にメジャーになったスタディサプリ。

CMでもよく放送されており「神授業受け放題」というフレーズが記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、受験のときに実際にスタサプを利用した経験をもとにスタサプのメリット・デメリットや、料金体系についての解説をし、評判や口コミの紹介をしていきます。

 

 

 

スタディサプリとは

スタディサプリとは株式会社リクルートが提供している映像授業のサービスです。

略してスタサプと呼ばれています。

 

小学校から高校生向けの学習コンテンツと、社会人向けの英語のコンテンツが揃っています。

このブログは大学受験をテーマとしていますので、これ以降は高校生向けコンテンツに焦点を当てて紹介していきます。

 

 

 

スタディサプリの料金プラン

 

入会金は無料です。

気楽にはじめて合わなければすぐやめられるのでいいですね。

 

ベーシックコースは月額1980円+税 で映像授業受け放題です。

クレジットで申し込みますと14日の無料体験が可能です。

 

高校生でクレジットカードを持っている人はあまりいないでしょうから、ご両親に相談してみましょう。

12ヶ月一括払いですと年額19800円+税 ですので10ヶ月分の料金で1年受講することができます。

 

それとは別に担当コーチによる学習指導や質問受付がついている合格特訓コースがあります。

こちらは月額9800円+税 です。

 

 

 

スタディサプリのテキスト

スタサプのテキストは1200円+税(送料込み) で1冊購入できます。

自分で印刷することもできますが、普通の参考書程度の値段なので購入してしまった方が楽でいいかなと思います。

無料体験期間中や1つの講座の中の一部の分野だけ受けたい場合は、自分で印刷してもよいでしょう。

 

 

 

スタディサプリの授業の質

学生
学生
スタディサプリが格安なのはわかったけど、授業の質は大したことないんじゃないの?
実はスタサプの質は大手予備校に匹敵するわ
さやか
さやか

 

私がスタサプについて知ったのは1浪の秋でした。

倫理政経を完全放置しセンター模試では50点前後で足を引張ていて、このままではまずいと思っていました。

 

そんな中、CMでスタディサプリというサービスが月額980円(当時はこの値段でした)で授業受け放題だということを知り、藁にもすがる思いで受講開始しました。

正直河合塾の先生よりも断然わかりやすく、ぐんぐん力が伸びて倫政は85点ほどで当時第一志望であった旧帝大の理学部に合格できました。

 

医学部再受験を決意すると、春に駿台が始まるまでの間はブランクを埋めるためスタサプを再開しました。

トップレベル化学・物理、トップレベル英語の文法あたりを主に見ていました。

特に化学の坂田先生、英語の関先生の授業はとてもわかりやすかったです。

 

関先生の授業の一部です。

たった90秒で質の高さを感じたのではないでしょうか。

スタサプではこのレベルの授業を受け放題です。

 

 

 

スタディサプリのメリット

料金が塾や予備校に比べて圧倒的に安い

1年一括で契約すれば、1年間19800円で神授業受け放題です。

入塾料授業料講習費用全て込みで100万ほどする大手予備校のわずか50分の1ほどです。

 

これだけ安ければ、スタサプのみで節約できるのはもちろんのこと、予備校に通う人も補助で無理なく使うことができます。

もし合わなくてもそんなに損失はありません。

 

 

隙間時間に受けられる

塾の授業は50分や90分が一般的ですが、スタディサプリは1講が細分化されていて1コマ大体15分くらいです。

パソコンでもスマホでも自由に受けられますから、いつでもどこでも気軽に受講可能です。

しっかり手を動かして計算したり頭を使う必要のある理数は自宅で真面目に受けていましたが、倫政や英文法は電車での移動中にダラダラ聞いていました。

 

学生
学生
映像授業を外でスマホで見てたら通信制限にひっかかりそうで嫌だな。
スタサプの動画はダウンロード機能があるから、wi-fiのある自宅でダウンロードして通信制限を気にせず外で見れるよ。
さやか
さやか
学生
学生
それは便利ですね。

 

 

高速で回せる

スタサプは速度変更に対応していて

・0.75倍

・1倍

・1.25倍

・1.5倍

・1.75倍

・2倍

 

の6段階で再生可能です。

早すぎると聞き取りにくいので私は主に1.5倍で聞いていました。

再生速度を高めれば、当然その分はやく受講完了できます。

わかりきっているところは映像なのでスキップも可能です。

東進の映像では1つ1つの授業ごとにお金を払って契約するため、再生速度を速くすればするほど実質割高になっていきます。

ですが、スタディサプリは授業受け放題のためはやく1つの講座を受け終わったら、追加料金なしで別の講座を受講可能です。

 

 

 

スタディサプリのデメリット

質問対応・添削

 

いくら質の高い映像授業といっても疑問点は生じるでしょう。

そうしたときに、月額1980円のベーシックコースでは質問に答えてくれるサービスがついていません。

塾に通わずスタサプメインで学習する場合は質問対応がついている合格特訓コースも一考の余地ありです。

 

また、塾では講師に添削してもらうことができてもスタサプでは添削してもらえません。

こちらも塾とスタサプ併用なら問題ないですが、スタサプ一本の場合はZ会の添削を利用するのもありです。

スタサプ+Z会でもまだまだ予備校より安いですし、予備校講師よりZ会の方が丁寧に添削してもらえます。

 

 

気が散りやすい

オンラインでのサービスの宿命ですね。

パソコンやスマホは学習だけのツールではないので気がついたら他ごとをやりがちです。

Youtubeを見たり、Twitterをやったりしないよう気をつけましょう。

 

 

 

まとめ

スタサプは授業の質が高く、値段も安いので万人におすすめできます。

まずは無料体験をしてみてはどうでしょうか。

 

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/