医学部

【現役医学生が伝授】医学部の受験校の決め方は?7のポイントを徹底解説

全国各地に医学部がありますが数が多すぎてどこを受験すればいいのか迷っている医学部志望の方は多いのではないでしょうか。

私もそうでしたが学校の先生や予備校のチューターの人たちから情報やアドバイスをもらって、志望校を決定し医学科に合格することができました。

今回は、そうした私の受験で得られた経験から導き出された、医学部受験校を選ぶための10のポイントを優先順位に即して書いていきます。

 

医学部の受験校はいつ決める?

自分がどこの医学部を目指すかは、とりあえず受験生になった段階で決めることをおすすめします。

はやめに志望校を決めておいた方が、どのレベルまで勉強しなければならないかはっきりして受験生活1年間のプランを立てやすいからです。

その後、秋や冬になったら学力の伸びや合格可能性を考慮して志望校の修正をしましょう。

国公立医学部は共通テストが生命線です。

「共通テストがうまくいったらA大学に出すが、失敗したらB大学に出す」といったように共通テストが失敗したパターンの受験校も予め決めておきましょう。

 

医学部の受験校決定のポイント

1位 私立医学部という選択肢

医学部受験校の決定は「私立もありか?」というところからスタートします。

私立も受験可能であれば受験校の数を稼げるため医学部合格率はぐっと高まります。

当然私立医のデメリットは高額な学費です。

安いところでも総額2000万、最も高いところでは5000万近くします。

2000万円でも無理だという方は、入学金授業料無料で学生手当のでる防衛医科大卒後の指定勤務先で働けば学費が無料になる自治医科などを検討しましょう。

親に相談して現実的な話どこまでの学費なら支払えるかということを確認しなくてはなりません。

留年するとさらに300万円以上の上乗せになります。

ここまで考慮すると、奨学金を満額借りればギリギリ通えるという場合は国公立一本にするしかないでしょう。

川崎医のような私立医のなかでも高額なところは敬遠され受験難易度が落ち、学費の安い私立に受験生は殺到するので2000万前後の私立医は難易度が高くなる傾向にあります。

さやか
さやか
川崎医大は下に見られがちですが、そこに通わせられる経済力を親が持っている時点である意味一番の勝ち組です。

 

2位 偏差値・入試難易度

大学によって強みとなる研究分野が違ったり、立地や進級難易度のよしあしはあるでしょう。

しかし、入学後のことを考えるよりもまずは自分が合格できるところを受験しなければ医学生になることすらできません

自分の偏差値を考慮してどの範囲が合格可能か判断しましょう。

 

3位 科目の配点、傾向

医学部は大学によって配点も傾向も異なります。

共通テスト重視の大学もあれば二次勝負のところもあり、共通テストの国語社会だけ点数を半分にするところもあれば国語だけ配点高いところもあります。

また、他学部と共通問題を早く正確に解いていき全科目高得点必要な大学もあれば、医学部専用問題を課され数学で稼げば一気に合格が近づく大学もあります。

なかには二次試験が英語数学だけのところもあります。

これは理科が間に合わなかった現役生には嬉しいですね。

さやか
さやか
難易度が東大に匹敵すると言われがちな医学部受験ですが、自分にとって有利な条件で受験可能なので、ベストな受験校を選べば東大よりもだいぶ楽です。

 

4位 面接、小論文

再受験の人や多浪の人は特に注意したいのがこちら。

大学によって再受験多浪に厳しい大学というのが存在します。

過去に群馬大学では合格点を超えていた高齢の方が、面接で弾かれ裁判にまでなりました。

最近では東京医大の多浪や女性に減点していたことが大きく話題になりましたよね。

私立の医学部はほぼ全て不利だと思っておいた方がいいです。

「私はコミュニケーションに自信があるから面接も大丈夫!」という方もいるでしょうが、バイトの面接ではないのでコミュ力よりも医療倫理や知識の方が重要です。

スラスラ受け答えできているが医療知識が欠けている人よりも、つまりながらでも内容のある返答ができている素朴な人の方がよっぽど印象がいいです。

どんな人でも対策必須です。

小論文は国公立後期で多くの場合要求されます。

さやか
さやか
小論文を避けると後期で受験できる大学はかなり限られてしまうことを覚悟しましょう。

 

医学部入試で多浪や再受験に寛容・不利な大学は?年齢や性別の差別があるって本当?こんにちは、医学生さやかです。 今回の記事では 医学部の入試で年齢や性別による差別はあるの? 多浪や再受験に寛容な...
【現役医学生が解説】医学部の面接の頻出質問8と模範解答とNG解答まとめ【志望理由は?】こんにちは、医学生さやかです。 今回の記事では 医学部入試の個人面接ではどんなことを聞かれるの? 医学部の面接のN...

 

5位 立地

ここから先は合格後のキャンパスライフをよりよいものとするための要素です。

地方の医学部は想像を絶する田舎生活になる場合も多々あります。

メインのキャンパスはそこそこ栄えているところにあるのに、医学部だけ別キャンパスでど田舎に隔離されていることはざらにあります。

大都市で中学受験をして超進学校に通い医学科に合格、という王道パターンの人は特に田舎での生活に苦しむかもしれません。

電車は十数分ごと、下手をしたら数十分に一度しか来ませんし娯楽は限られています。

イベントは東京に集中しているので、地方医学部だと行くだけで一苦労です。

さやか
さやか
田舎の医大生、娯楽がなさすぎて暇つぶしにカップル成立しがちです。

 

6位 進級難易度

医学部の進級が厳しいことは有名ですが、わずかながら緩い大学も存在します。

ただしそのようなところは入学難易度が高くなっていることが多いです。

 

7位 格・権力

旧帝大が頂点に君臨するのは他の学部と同じですが、医学部の特徴としてその下には「旧六医大」が続きます。

旧六医大は千葉、金沢、新潟、岡山、長崎、熊本が該当します。

これらの大学には歴史があり権力もあるので、昔ほどではないにせよ入っておけば得する場面がやってくるはずです。

旧六の中で千葉と岡山は難易度が高いですが、それ以外はどれも医学部標準レベルの難易度です。

さやか
さやか
旧帝は知名度高いですが、旧六は医学部受験に関わっていないとなかなか知らないです。

 

【旧六?御三家?】医学部の序列・ヒエラルキーとは?ランキング形式で紹介こんにちは、医学生さやかです。 今回の記事では 医学部に序列やヒエラルキーはあるの? 医学部の序列と難易度は関係し...

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

医学部の受験校の見通しが経ったことでしょう。

実際に受験校を決定するのは共通試験の自己採点後ですが、ある程度は絞っておくと後々ラクです。

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/