参考書

【独学対応】物理のエッセンスの使い方を医大生が解説【次の問題集も】

おそらく受験生の中で一番使っている人が多い物理の参考書は物理のエッセンスです。

ただ、優れた参考書であることは間違いないのですが、物理のエッセンスのことを誤解してなかなか学力が伸びない人はかなりいます。

今回はエッセンスの特徴や正しい使いかたを徹底的に解説していきます。

物理のエッセンスの基本情報

エッセンスは「力学・波動編」と「熱・電磁気・原子」の2冊になっています。

2冊に分けられており、問題は厳選されているのでコンパクトで持ち運びに便利です。

著者 浜島清利
出版社 河合出版
問題数 力学 114問
波動 70問
熱 33問
電磁気 95問
原子 40問
ページ数 力学・波動編 165ページ
熱・電磁気・原子編 158ページ
値段 各840円+税
レベル 入門〜MARCH

実際の内容はこのようになっています。

物理のエッセンスを使う時期・レベル

学生
学生
エッセンス、良問、名問の定番シリーズで一番簡単なのがエッセンスだから、独学でやるべき最初の1冊はエッセンスでしょ。
それが初学者にありがちな勘違いよ。
さやか
さやか

物理のエッセンスはその名の通りエッセンスを凝縮したような参考書なので、初学者にとっては解説が簡素すぎます。

収録されている問題は過不足なく物理の基本問題が揃っているので、別の本で基本原理を理解した後に問題演習として使うのが正しい使い方です。

そこでおすすめなのが漆原の面白いほどわかる本です。

講義形式でイラストが豊富なのでイメージがつかみやすいです。

教科書のカチッとした説明に苦しんでいた物理学び始めの私にも優しかったです。

面白いほどで理解した後、問題演習のための参考書としてエッセンスをやりましょう。

物理のエッセンスの使い方

エッセンスに収録されている問題は、入試問題に頻出のものばかりです。

各分野ごとに面白いほど→エッセンス2周でやっていきます。

2周目が終わった時点でその分野の基本パターンの問題が網羅できています。

全分野でこれをやった後は、仕上げで一気に全分野を一周します。

時間が経つとどうしても忘れてしまうところが出てしまうので、最後の一周も必須です。

物理のエッセンスの次の問題集

学生
学生
エッセンスが終わったから、名問の森でもやろうかな。
そう接続する人は多いけど、綺麗につながる人は案外少ないよ。
さやか
さやか

エッセンスの次にやるべき問題集は良問の風です。名問の森ではありません。

良問の風が作られた背景には、エッセンスから名問に繋げられない人が続出したことがあります。

良問の風は大問の中にいくつか小問が入っている形式です。

序盤の小問はエッセンスと同レベルで、最後にいくにつれ難易度が上がりそこまで自分のものにすることでさらなる学力アップに期待できます。

学生
学生
僕はエッセンス3周したら模試の成績もよくなったし、いきなり名問でいいや。
それでも良問からやるべきよ。
もし本当にエッセンスをマスターしているなら良問なんて1週間で終わるから追加しても大した負担にならないわ。
さやか
さやか
学生
学生
わかりました。

まとめ

物理のエッセンスは万人におすすめする名著です。

ただ、使うタイミングを間違えると思ったように成績が伸びないので、この記事で紹介したように使いましょう。

反復して解いて、エッセンスで物理の基礎問題をマスターしてしまいましょう。

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/