医学部

新八医大とは?難易度、偏差値、序列、特徴を医学生が徹底解説

新八医大とは新制八医科大学の略称で、国公立の医学部としては旧帝大と旧六医大に次ぐ歴史と格を持つとされています。

旧六医大に該当するのは

  • 東京医科歯科大学
  • 弘前大学
  • 群馬大学
  • 信州大学
  • 鳥取大学
  • 徳島大学
  • 広島大学
  • 鹿児島大学

の8大学です。

 

新八医大の偏差値

河合塾、駿台、東進の発表している新八医大の偏差値を表にしてみました。

河合塾 駿台 東進 平均
東京医科歯科大学 70 72 74 72
広島大学 65 68 71 68
群馬大学 65 64 70 66.3
信州大学 65 64 70 66.3
鹿児島大学 65 63 70 66
弘前大学 65 61 70 65.3
鳥取大学 62.5 62 71 65.2
徳島大学 60 62 68 63.3

この結果から、新八医大の難易度の序列は

東京医科歯科>>広島>群馬=信州≧鹿児島>弘前=鳥取>徳島

であるといえます。

東京医科歯科が飛び抜けて難しく、次点が広島で徳島が最も易しく、残りは同程度の難しさです。

 

 

新八医大の特徴

東京医科歯科大学

東京医科歯科大学では2年次から4年次までの週1日ペースで「医歯学基盤教育」を行っています。
このカリキュラムでは科学的根拠に基づいて患者主体の医療を提供できる医師の育成を目指しています。

 

弘前大学

弘前大学医学部は原子力発電所の関連施設が県内にあるため、放射線医療に力を入れています。

 

群馬大学

群馬大学医学部は筆記試験で合格最低点を上回っていた50代女性を面接落ちにしたことで医学部受験界隈で有名です。

世界でもトップクラスの重粒子線施設を持っており、癌治療に関しては最先端を走っています。

 

信州大学

信州大学医学部は1年半だった臨床実習を2年に増やして、臨床に力を入れているのわかります。

 

鳥取大学

鳥取大学医学部は「モデル・コア・カリキュラム」をいちはやく導入しました。

モデル・コア・カリキュラムとは全ての学生が到達することを目標とする最低限の「コア」と高度化の「モデル」とを提示したものです。

 

徳島大学

徳島大学医学部は四国で初めて設立された医学部で四国全体の医療を担ってきた歴史を持ちます。

徳島大学医学部附属酵素学研究所という研究所があり、生化学に強いです。

 

広島大学

広島大学医学部は入学するとすぐに新入生歓迎オリエンテーションキャンプがあります。

これは、2年生と3年生が中心になって運営するキャンプです。

今後は三学部合同実習も計画しているようで、学年や学部を超えた繋がりを重視している大学です。

 

鹿児島大学

鹿児島は全国で最も離島人口が多いため、鹿児島大学医学部では離島・地域医療実習を6年生の必修にしています。

一方で短期留学プログラムも充実しており、離島医療から国際的な医療まで学ぶことができます。

まとめ

新八医大はそれぞれの大学に異なる特徴や強みを持ちます。

自分がどんな医者になりたいかを考えて適切な大学を受験するようにしましょう。

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/