浪人・予備校

【浪人】Sテキストのレベルは?取る方法は?駿台のテキストの種類と難易度を徹底解説

こんにちは、医学生さやかです。

今回の記事では、

  • 駿台のテキストにはどんな種類があるの?
  • 駿台のテキストの難易度はどんな感じ?
  • 自分が使う駿台のテキストはどうやって決まるの?

といった受験生の気になる疑問に駿台に通って医学部に合格した経験をもとに答えていきます。

河合塾のテキストのレベルについて知りたい方は 河合塾のテキストの種類と難易度を徹底解説 をご覧ください。

駿台のテキストの種類

駿台のテキストのレベルは基本的に「S」「T」H」の3種類があります。

科目によってはより細分化していたり、違うアルファベットが使われていたりします。

難易度順に並べると、S>T>Hです。

駿台のSテキストを取る方法

駿台のテキストのレベルは自分の学ぶクラスによって決定されます。

コースによっては最上位でクラスが固定されている場合があります。

前期のクラス分けは、春の最初にあるプレースメントテストで高得点を取る必要があります。

後期は前期で受けた各模試の総合成績でクラス分けされます。

科目別 Sテキストの難易度

英語S

よくいえば駿台の伝統のある問題選定、悪く言えば現在の入試に出るのかわからない問題が多いです。

英文解釈、英文読解にその傾向が強いです。

私は英語の授業は竹岡先生のものしか出席していませんでした。

数学XS・ZS

前期テキストは青チャート星3〜1対1対応レベルです。

ZS3だけ異様に難しく、スタ演レベルの問題もたまに入っています。

後期テキストは1対1〜スタ演レベルです。

やはりZS3だけ飛び抜けて難しく、新数学演習レベルの問題が混じっています。

河合塾に比べてテキストの網羅性が低く、前期と夏休みのうちに1対1などで補っておいたほうがいいと思います。

化学S

1年かけて全分野を網羅する作りになっているので、前期と後期の難易度差はほぼありません。

前期から応用問題も解いていくことになります。

テキストのレベルは重要問題集レベルで、河合塾の化学Tテキストに比べればだいぶ簡単です。

物理S

物理Sも化学Sと同じで、1年かけて全範囲を学ぶ作りになっています。

良問の風レベルの問題が並び、たまに名問の森レベルがある感じです。

Sテキストを扱うコースに在籍する学力を持っているのなら問題の解説には無理なくついていけますが、人によっては微積物理の解説で苦戦する人もいる印象です。

 

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/