浪人・予備校

【2022年度】関東の河合塾のコースの違い・認定基準を完全解説【ハイパー?プレミアム?】

こんにちは、医学生さやかです。

今回の記事では「関東」の河合塾について

  • どんなコースがあるの?
  • このコースの認定基準は?
  • このコースの第一志望合格率は?
  • 無印とTテキストどっちを使っているの?

といった受験生の気になる情報にお答えしていきます。

なお、認定基準偏差値は多くのコースで設定されているものの、厳格なのは上位コースのみなので上位のみ記載します。

 

河合塾のコースを知る上で最低限知っておくべき用語

基礎・完成・突破シリーズ

基礎シリーズ:前期の授業です

完成シリーズ:後期の授業です

突破シリーズ:共通テスト直前から始まる授業です

 

サクセスクリニック

通称サククリ。4月の最初に学力の確認テストを行います。

コースによってはここで一定の得点を取るとTテキストを選択できます。

 

Tテキスト

河合塾のテキストは特定大専用のものを除いて無印とTテキストがあります。

Tテキストは無印に比べ難易度が高いです。

無印でもやりこめば地方の旧帝大までは合格点をとれます。

 

Qubena

AIを搭載したタブレット教材のことです。

 

 

理系コース

ハイパー東大理類数理演習コース

演習中心の理数のみが受講必須で、その他の科目を6講座まで選択できるコースです。

追加で講座を増やしたい場合、1科目につき12500円必要です。

東大合格率は7割前後です。

認定基準偏差値は全統記述で65、東大OPで52.5です。

テキストはハイパーオリジナルです。

 

プレミアム東大理類コース

ハイパーと同じく関東河合塾の東大理類コースの頂点です。

こちらは全科目受講可能で、SEG監修の数学テキストを使い、解説もSEGの講師が行う点が大きな特徴です。

東大合格率は7割前後です。

認定基準偏差値は全統記述で65、東大OPで52.5です。

ハイパーとプレミアムどちらを選ぶかはお好みです。

 

東大理類コース

東大理類コースは普通のテキストを用います。

東大合格率は3割ほどです。

認定基準偏差値は全統マークで63、全統記述で60、東大OPで50で、全統マークか記述が狙いやすいです。

 

数理教科

東大理類数理教科コースは、東大理類コースに実戦力教科ゼミがプラスされたコースです。

実戦力教科ゼミでは英語・数学・化学・物理から2科目選択し1年で各23回の講習を受けます。

数学は1回180分、他は90分授業です。

 

京大理類コース

関東なので、京大志望は少なくこのコースしかありません。

コースが1つで年によって入る人のレベルが前後しやすく、人数も多くないので合格率は安定しておらずなんとも言えません。

認定基準偏差値は全統マークで63、全統記述で60、東大OPで50で、全統マークか記述が狙いやすいです。

 

トップレベル国立大理系難問演習強化コース

英語と数学の添削が付いており、記述力の強化が見込めます。

地方の旧帝大志望で、その大学専用のコースが近くの河合塾にない場合におすすめです。

認定基準偏差値は全統マークで60、全統記述で57.5です。

 

東工大コース・東工大プラスコース

英語は無印、数学はTテキストで理科はサクセスクリニックの成績で決まります。

東工大プラスコースは東工大コースの内容に、個別添削指導(数学、化学、物理)が加わっています。

 

ハイレベル国立大理系コース

トップレベル国立大理系難問演習強化コースの認定が出なかった国立大理系志望はこのコースを通うことになります。

英数ともに無印テキストです。

 

個別指導つき

個別指導を選択すると、英数(1科目から選択可能)の週1回90分の個別指導がつきます。

 

東北大理系コース

関東の河合塾では、東北大が地方の旧帝大で唯一専用のコースがあります。

 

筑波大理系コース

筑波大対策強化ゼミ(数学・物理・化学)と筑波大トライアルテストがあり筑波大対策が充実しています。

 

千葉大理系コース

完成シリーズ(後期)では千葉大英語・数学という専用テキストをします。

突破シリーズ(直前期)では千葉大物理・化学のオリジナル教材を使用します。

 

東京農工大・東京都立大理系コース

対策はそこまで充実していないので、トップレベル・ハイレベル国公立大理系コースでいいかなと思います。

 

国公立大理系コース

地方の下位国公立を目指すコースです。

他のコースの認定が出なかったらここに通うことになります。

 

数理演習強化

  • 数学Ⅲ復習タイム
  • 理科弱点克服ゼミ(物理・化学)、理科タイム(物理・化学)

が普通の国公立大理系コースにプラスされます。

数学Ⅲ復習タイムでは週に1回微積分のドリルで復習します。

前期は理科弱点克服ゼミ、完成シリーズは理科タイムがそれぞれ90分×4回あります。

 

英数基礎サポート

  • 英文法弱点克服ゼミ、英文法タイム
  • 数学基礎力錬成講座

がプラスされます。

前期は英文法弱点克服ゼミが90分×6回、後期は英文法タイムが90分×4回あります。

 

Qubena英語・Qubena数学

  • Qubena英語演習タイム
  • Qubena数学ⅠAⅡB演習タイム

がプラスされます。

 

早・慶大理工コース

早慶の理系志望はこのコースしかありません。

英数ともにTテキストではなく無印固定です。

これでは早慶入試には太刀打ちできません。

本当に早慶理工に行きたいなら、Tテキストで授業をしている国公立大コースに通って、いらない科目は切ってしまった方がいいです。

 

ハイレベル私立理系コース

MARCHを狙うコースで無印テキストを使用します。

 

個別指導つきコース

英語・数学の2科目(1科目から選択可能)の個別指導がつきます。

1科目につき週1回90分です。

 

私立大理系コース

日東駒専レベルを目指すコースです。

 

数理演習強化

  • 数学Ⅲ復習タイム
  • 理科弱点克服ゼミ(物理・化学)、理科タイム(物理・化学)

がプラスされます。

数学Ⅲ復習タイムでは週に1回微積分のドリルで復習します。

前期は理科弱点克服ゼミ、完成シリーズは理科タイムがそれぞれ90分×4回あります。

 

英数基礎サポート

  • 英文法弱点克服ゼミ、英文法タイム
  • 数学基礎力錬成講座

がプラスされます。

前期は英文法弱点克服ゼミが90分×6回、後期は英文法タイムが90分×4回あります。

 

Qubena数学つき

  • Qubena数学ⅠAⅡB演習タイム

がプラスされます。

 

 

医・薬・農・獣医系

ハイパー国公立大医進コース・<特進>コース

医学部の最上位コースで、国公立医学部合格率は6割ほどです。

特進コースは2020年に新設されました。

ハイパーは数学理科のみが必須なのに対し、ハイパー特進は全科目必須です。

認定基準偏差値は全統記述で65です。

 

プレミアム国公立大医進コース

ハイパー医進と同程度の合格率を誇ります。

SEG監修の数学テキストを用い、SEG講師が解説する点が特徴です。

全科目受験必須で、認定が出たらハイパーとの選択です。

認定基準偏差値は全統記述で65です。

 

トップレベル国公立大医進コース

トップ医進添削システムが充実しています。

英語表現の授業では、授業後に提出した課題が添削されます。

数学は基礎シリーズ中2回の添削課題と、完成シリーズ中8回のテスト&解説講義が用意してあります。

理科は基礎シリーズ、完成シリーズともに添削課題が各2回出されます。

 

国公立医学部には3割前後受かります。

認定基準偏差値は全統記述・全統マークともに60です。

 

アドバンス

アドバンスゼミが追加されます。

土曜日の午前中が潰れるので、予習復習の時間が減りおすすめできません。

 

医進数学演習強化

数学プラスゼミが週に1回増えます。

この程度なら追加してもいいと思います。

 

個別指導つき

英語・数学の個別指導がつきます。

 

ハイレベル国公立大医進コース

テキストは無印固定で認定基準偏差値は55です。

残酷ですが、ハイレベル国公立大医進コースしか認定が出ないなら自分の進路をもう一度見つめ直した方がいいです。

国公立医大にはほぼ誰も受かりません。私立医で1割受かるかどうかです。

このコースは1年かけて基礎学力を磨いて、来年トップレベル、ハイパー、プレミアム医進の認定を取ることを目標にしたコースです。

 

ハイレベル国公立大農・獣医系コース

国公立の農学部や獣医学部を目指す人向けのコースですが、なにか専用の対策をしてもらえるという感じでもないので、自分のレベルにあった普通の国公立コースを選んでもいいです。

 

国公立大医療・看護・保健系コース

医療系独特の問題の対策講座や医系小論文の講座が用意されているので、医療系志望ならおすすめです。

 

ハイレベル私立大医進アドバンスコース

私立医学部志望向けコースはここのみです。

ハイパーやプレミアム国公立医進の認定が出ているならそっちに行って、社会国語切った方がレベル的にはいいかと思います。

 

個別指導つき

英語数学の個別指導が付きます。

 

ハイレベル私立大薬学系コース

完成シリーズからは薬学系の頻出問題の対策授業が受けられます。

 

私立大医療・看護・保健系コース

夏頃医療系志望向けのガイダンスがあります。

 

文系

東大文類アドバンスコース

東大文系コースの中で最も認定基準と進学実績が高いと言われています。

基礎シリーズ中は180分×6回、完成シリーズ中は180分×5回のアドバンス英語演習ゼミがあります。

要約、段落整序、空欄補充、英作文、和訳、空欄補充といった東大頻出分野のテストと解説講義を受けることができます。

認定基準偏差値は全統マーク・記述で60、東大OPで50です。

ただし、それとは別で英語の偏差値が全統マーク・記述で65、東大OPで55以上を取っている必要があります。

 

東大文類コース

完成シリーズから東大専用の英語と数学のテキストを使用します。

 

英数強化

英語90分、数学180分の実戦力強化ゼミが週に1回追加されます。

 

京大文系コース

関東なので、京大志望は少なくこのコースしかありません。

コースが1つで年によって入る人のレベルが前後しやすく、人数も多くないので合格率は安定しておらずなんとも言えません。

認定基準偏差値は全統マークで60、全統記述で60、京大OPで50で、全統マークか記述が狙いやすいです。

 

トップレベル国公立大文系難問演習強化コース

添削指導が充実しています。

英語表現、数学だけでなく日本史、世界史、地理でも論述問題の添削指導を受けられます。

認定基準偏差値は全統マーク・記述で57.5です。

 

一橋大コース・一橋大プラスコース

基礎シリーズ後半の英数の一橋チャレンジテスト、定期的にある一橋攻略タイムがあります。

完成シリーズは一橋数学・英語があります。

英語表現と社会の添削指導がついているので記述力UPも狙えます。

プラスコースでは英数各3回の演習+個別面談がついています。

 

ハイレベル国公立大文系コース

トップレベル国立大文系難問演習強化コースの認定が出なかった国立大文系志望はこのコースを通うことになります。

英数ともに無印テキストです。

 

個別指導を選択すると、英数(1科目から選択可能)の週1回90分の個別指導がつきます。

 

個別指導つき

英数(1科目から選択可能)の週1回90分の個別指導がつきます。

 

東北大文系コース

地方の旧帝大では唯一東北大が専用コースあります。

 

筑波大文系コース

筑波大英語(完成シリーズ)と筑波大トライアルテスト(英語)があり筑波大対策が充実しています。

 

千葉大文系コース

完成シリーズは「千葉大英語」のテキストで千葉大対策をします。

 

東京外大コース

東京外大入試対策ガイダンスが数回ある程度なので、普通の国公立大学文系コースに通うのも一つの手です。

 

東京都立大文系コース

ガイダンス

 

国公立大文系コース

地方の下位国公立大を目指すコースです。

 

英国(古文)基礎サポート

  • 英文法弱点克服ゼミ 90分×6回
  • 英文法タイム 90分×4回
  • 古文弱点克服ゼミ 90分×4回
  • 古文タイム 90分×4回

がプラスされます。

 

Qubena英語・Qubena数学つき

各科目週1回90分追加されます。

英語は文法と4技能、数学はⅠAⅡBの学習ができます。

 

早・慶・上智文系アドバンスコース

早慶上智文系向けの最上位コースなので認定が出たらここにしましょう。

完成シリーズになると英数国社全て、特定大専用のテキストで入念な対策ができます。

基礎・完成シリーズともに180分×6回のアドバンスゼミで超長文の対策ができます。

 

国語プラス

現代文・古文の各90分×8回のプラスゼミが追加されます。

 

早・慶・上智文系コース

こちらのコースでも全科目特定大対策テキストを完成シリーズは使います。

最終的にはMARCHに進学する人が一番多いです。

 

英国プラス

  • 英語プラスゼミ
  • 国語プラスゼミ(現代文・古文)

がプラスされます。

英語プラスゼミは180分×4回、国語プラスゼミは現代文、古文で各90分×8回あります。

 

エクシード

英国プラスゼミとエクシードゼミ(日本史・世界史)が追加されます。

日本史180分×6回、世界史90分×12回です。

 

ハイレベル私立大文系コース

MARCHレベルの進学を目指すコースです。

 

英国インテンシブ

  • 英語インテンシブゼミ(90分×23回)
  • 現代文インテンシブゼミ(90分×11回)
  • 古文インテンシブゼミ(90分×12回)

がプラスされます。

 

個別指導つき

英数1科目につき週1で個別指導がつきます。

 

私立大文系コース

日東駒専の文系を目指すコースです。

 

英語演習強化

英語の授業が少し増えます。

 

英国(古文)基礎サポート

  • 英文法弱点克服ゼミ(90分×6回)
  • 英文法タイム(90分×4回)
  • 古文弱点克服ゼミ(90分×4回)
  • 古文タイム(90分×4回)

がプラスされます。

 

Qubena英語つき

Qubenaでの学習がプラスされます。

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/