医学部

【前期試験編】共通テスト逃げ切りにおすすめの医学部ランキング TOP5

共通テストで高得点が取れた人向けに逃げ切りにおすすめの医学部を、前期後期に分けて紹介していきます。

 

  • 予想以上に共通テストがうまくいった
  • リスクのある受験をしたくない
  • 国公立の医学部に受かりさえすれば満足

 

そういった人を対象に記事を書いています。

 

 

        スタディサプリの14日間無料体験 

カリスマ人気予備校講師の映像授業を月額1980円で見放題のスタディサプリを今なら14日間無料で体験できます。受験生の約2人に1人が利用しているスタサプ を体験してみませんか?



詳しく知りたい方は スタディサプリの無料会員とは?14日間無料体験する方法をどこよりも丁寧に紹介 をご覧ください。

 

 

【前期試験】共通テストの割合が高い医学部ランキング

順位大学名共通テスト配点2次試験配点共通テスト割合(%)
1徳島大学90040069.2
2弘前大学100050066.7
3佐賀大学63040061.2
4旭川医科大学55035061.1
5島根大学70046060.3
6山口大学90060060
6宮崎大学90060060
8秋田大学55040057.9
9鳥取大学90070056.3
9山形大学90070056.3
9富山大学90070056.3
9福井大学90070056.3
13琉球大学90080052.9
14群馬大学45045050
14香川大学65065050
14札幌医科大学70070050
14滋賀医科大学60060050
14奈良県立医科大学45045050
19福島県立医科大学65066049.6
20鹿児島大学90092049.5
21高知大学900100047.4
22三重大学60070046.2
23横浜市立大学1000120045.5
24大分大学45055045
25大阪市立大学65080044.8
26神戸大学36045044.4
27信州大学45060042.9
27岡山大学900120042.9
29岐阜大学800120040
30筑波大学900140039.1
30浜松医科大学45070039.1
30愛媛大学45070039.1
30九州大学45070039.1
34新潟大学750120038.5
35北海道大学30052536.4
36長崎大学45080036
37名古屋大学900165035.3
38東京医科歯科大学18036033.3
38広島大学900180033.3
40熊本大学40080033.3
41名古屋市立大学550120031.4
42千葉大学450100031
43金沢大学450105030
44大阪大学500150025
45東北大学25095020.8
46東京大学11044020
46京都大学250100020

 

学生
学生
この順番が逃げ切りにおすすめランキングですよね?

 

それは、違うわ。確かに共通テストの割合が高いというのは一番の評価ポイントではあるけれども、それ以外にも重要なポイントが3つあるわ。
さやか
さやか

 

  • 2次試験の問題の難易度
  • 面接試験の内容
  • そもそもの入試難易度

 

この3つも注意すべきポイントです。

 

 

 

共通テストの割合以外にも気をつけるべきポイント

2次試験の問題の難易度

共通テストで高得点が取れていて、共通テストの割合が高めでも2次試験で差が出る難易度の問題を出されると逆転負けする恐れがあります。

基本的には試験問題が簡単なところを狙っていく必要があります。

 

医学部専用問題ではなく、他学部との共通問題を出しているところは医学部受験生ならみな高得点が取れ、2次試験で差がつかないので共通テストの出来が合否を分けます。

これとは真逆で、問題の難易度が高すぎて誰も解けないところも、受験生みな低得点の大学となり結局共通テスト勝負になるので実はおすすめです。

 

さやか
さやか
「ほどよい難易度の大学を避ける」というのが逃げ切り型の鉄則です。

 

 

面接試験の内容

面接に配点が割り振られていないところは言うまでもなく、面接点が少ないところは面接による逆転が起きにくくおすすめです。

たとえ面接点が100点あっても、ほぼ全員に80点で特別よかった人には90点与えるといった程度なら問題ないです。

一方、面接点100点で、50~90点でかなり振れ幅のあるような大学は避けましょう。

 

さやか
さやか
面接点だけでなく、実際の点数の与え方にも気を配りましょう。

 

 

そもそもの入試難易度

いくら共通テストの配点の割合が高くても、偏差値の高い大学では要求される共通テストの得点も高いので逃げ切りには不向きです。

これは当たり前の話ですね。

 

 

 

共通テストの割合が高いものの注意が必要な大学

弘前大学

共通テストの配点が1000点、2次試験が500点で全国で2番目に共通テストの比重が高い医学部ですが、2次試験に罠があります。

なんと、2次試験は総合問題300点、面接200点です。

 

もともとは普通の入試問題を出していたのですが、今年から総合問題になりました。

どんな問題が出るか予想しにくく、共通テスト逃げ切りには2次試験の不確定要素を減らしたいので避けた方がいいです。

面接も出身地や年齢で差別しているという声が昔からあります。

 

 

旭川医科大学

今年から面接点が150点から50点になりました。

それでも逃げ切りにはおすすめできません。

 

面接150点時代には50点から130点ほどの振れ幅がありました。

同じ割合だとすると、50点満点でも16点から43点の幅があるのでかなり怖いです。

北海道が地元で1浪に収まっている人以外はやめた方がいいです。

 

 

佐賀大学

2次試験の400点中、面接60点と調査書100点がネックです。

調査書の評定は、クラスメイトのレベルや定期テストの難易度の高い進学校ほど悪くなりがちなので注意が必要です。

 

 

秋田大学

2次試験400点のうち面接点が200点もあります。

出身地や年齢でがっつり差をつけてきます。

 

さやか
さやか
北のほうの大学はどうしてこうも、面接点が高くそのうえ差別が横行しているのでしょうか...

 

 

山口大学

根本的な合格難易度が地方医大にしてはやや高いので、要求される学力も高くなります。

 

 

富山大学

ここが前述した「適度に差がつく難易度の問題」を数学で出してくるところです。

 

 

【前期試験】共通テスト逃げ切りにおすすめの医学部ランキング TOP5

5位 滋賀医科大学

共通:2次600:600
共通テスト国語200 数学100 理科100 英語100 社会100
2次試験数学200 理科200 英語200 面接

 

  • 共通テストの比重14位
  • 面接点なし

 

合格難易度は並です。

受験生のレベルに対して入試問題のレベルが高く2次試験では差がつきません。

共通テストの配点は国語だけ200で他は100です。

国語がうまくいった人におすすめです。

 

 

4位 宮崎大学

共通:2次900:600
共通テスト傾斜なし900
2次試験数学300 英語300 面接

 

  • 共通テストの比重6位
  • 面接点なし
  • 合格難易度は最弱候補

 

英語は難し目でできる人とできない人とで結構差がつくので注意です。

英語という科目は数学よりも実力がそのまま反映されやすく、得意な人は点数があまりブレないという特徴があるので英語が武器な人は積極的に受けましょう。

 

 

3位 山形大学

共通:2次900:700
共通テスト傾斜無し900
2次試験国語100 数学200 理科200 英語200 面接

 

  • 共通テストの比重9位
  • 面接点なし
  • 2次試験が平易
  • 合格難易度は最弱候補

 

国語が100点分あることが唯一の懸念点ですが、時間的余裕があり平易なので事故りません。

合格者のほぼ全員が70~90点でおさまります。

同じ100点でも面接100よりは点数の予想がつきやすく安心です。

 

 

2位 島根大学

共通:2次700:460
共通テスト国語200 数学100 理科200 英語100 社会100
2次試験数学200 英語200 面接60

 

  • 共通テストの比重5位
  • 2次試験が平易
  • 合格難易度は最弱候補

 

面接点はあるものの60点満点なのでそこまで差はつかないでしょう。

 

 

1位 徳島大学

共通:2次900:400
共通テスト国語150 数学200 理科300 英語200 社会50
2次試験数学200 英語200 面接

 

センター試験の頃から1次試験逃げ切りといえばここ、徳島大学です。

センター試験の出来がそのまま合否を分けたことから、「徳島大学医学部医学科 センター利用方式」と言われていたとか。

 

  • 共通テストの比重1位
  • 面接点なし
  • 2次試験が平易
  • 入試難易度は最弱候補

 

共通テストで9割あるならまず受かります。

おすすめ記事

https://sayakaigakubu.com/【前期試験】共通テスト8割からの逆転合格にお
https://sayakaigakubu.com/【優先順位つき】医学部の受験校決定基準7選

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/