参考書

【網羅系の王道】NextStage(ネクステージ)を徹底解説【レベルは?使い方は?】

網羅系の英文法の問題集で最も利用者が多いのはNextStage(ネクステージ)でしょう。

利用者は多いものの、この1冊をやりきった人って案外少ないのではないでしょうか。

分量に圧倒され、途中でやめる人が続出している問題集でもあります。

この記事では

・ネクステージのレベルがわからない

・ネクステの前にやるべき参考書は?

・ネクステの使い方が知りたい

そんな人のために書かれています。

NextStage(ネクステージ)の基本情報

出版社桐原書店
問題数約1500
ページ数511
レベル入試標準〜応用
値段1463円(税込)
学生
学生
ひえ〜、500ページ越えですか。 流石に分厚いですね。
網羅性を高めるために、分量は相当多くなっているわね。 でも、後で触れるけど全ての問題を必ずしもとく必要があるわけではないわ。 挫折しにくい取り組み方もこの記事では紹介していくよ。
さやか
さやか

NextStage(ネクステージ)の構成と使い方

ネクステは全6章から構成されており、文法・語法以外にもアクセントや慣用表現など全ての知識分野をおさえてあります。

自分の受験校で必要な章だけやれば負担は減り、投げ出す率は下がります。

第1章 文法

500問ほどあります。

基本問題、標準問題、発展問題の3段階に分かれています。

発展問題のレベルの問題を出題する大学は限られているので、とりあえずは基本問題と標準問題だけをやるのがいいです。

英文法以外の力もつけて、文法力の不足を感じたら発展問題に取り組むベストなタイミングです。

この章に限らず4択問題が基本です。

さやか
さやか
ネクステというと文法の問題集というイメージですが、実は文法の問題集は全体の3分の1ほどです。

第2章 語法

約200問です。

この章も全員がやるべきです。

学生
学生
そういえば、文法と語法って何が違うんですか?
ざっくり説明すると単語や句の「繋げ方」が文法で、単語そのものの使い方が語法です。 そのためこの2つは別物なのです。
さやか
さやか

第3章 イディオム

こちらも約500問とかなりヘビーです。

学生
学生
絶対3章あたりで挫折します。 やりきる自信がありません。
イディオムの問題は長文の穴埋めでもよく狙われるところなので絶対に対策しておきたいよ。 基本は丸暗記だけれど前置詞ごとのイメージを理解したり、同じ意味の熟語をまとめて覚えることで負担は減らせるわ。
さやか
さやか

第4章 会話表現

ここは100問ほどなので軽めです。

新テストではリーディングとリスニングの配点が1:1ですから、リスニングの得点を伸ばすためにも会話表現はおさえていきましょう。

私立専願で新テストを受けない場合は、志望校の出題形式にもよりますが、この章をやる必要はあまりないです。

第5章 重要単語

こちらも100問ほどです。

単語力はあって損はないので全員やりましょう。

第6章 発音・アクセント

これも100問ほどです。

かつてのセンター試験では発音・アクセントが14点分あったので、高得点を目指す受験生たちは取りこぼしをなくすために受験期直前になるとこの章を反復練習していました。

しかし、新テストになり英語筆記は「文法」「語句整序作文」「発音・アクセント」などが削除され読解一辺倒になりました。

そのため、この章が必要な人はほとんどいません。

学生
学生
あの〜、文法問題もなくなったなら文法の勉強もやらなくていいのでは?
そんなわけないでしょ! 発音・アクセントの学習は発音・アクセントの問題にしかほぼ役立たないのに対して、文法は読解や英作文の土台になるわ。 文法知らないとそもそも長文なんて読めないよ!
さやか
さやか
学生
学生
的外れなことを言ってすみませんでした...

NextStage(ネクステージ)の前にやるべき参考書

ネクステージは問題演習中心であるため、それまでに別の手段で理解を深めておく必要があります。

解説中心の参考書であったり、スタディサプリで関先生のスタンダード英文法を受けておくことをおすすめします。

ポラリス1くらいで英文法の問題を軽く一通りやったくらいの人がネクステをやるとちょうどいいです。

解説書を読んでインプットした後いきなりネクステでアウトプットしようとするのは挫折のもとです、やめましょう。

NextStage(ネクステージ)の後にやるべき参考書

ここまでやれば問題集を追加する必要はありません。

かといって全く英文法の学習をしなくなると知識は抜けていってしまうので、定期的にネクステを解き直して知識のメンテナンスをしておきましょう。

まとめ

ネクステを分量が多くやりきるのは大変ですが、この1冊で入試英語の知識問題を全ておさえることができるといっても過言ではありません。

しっかりと下準備をした上で挑戦してみてはいかがでしょうか。

多くの受験生に指示されるのにはそれなりの訳があります。

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/