参考書

【医学生がレビュー】英文法レベル別問題集6冊の徹底比較【難易度は?使い方は?】

今回の記事では東進の人気講師、安河内哲也先生が作った問題集である『英文法レベル別問題集』について解説していきます。

学生
学生
このシリーズ、6冊もあって自分がどれをやるべきかいまいちわからないんですよね。
そんなあなたも、この記事を読めば自分のレベルにあったものが選べるようになるよ。
さやか
さやか

英文法レベル別問題集の特徴

レベル別問題集はレベルごとに細分化されているので、1冊だけで見ると問題数はかなり少なくすぐに終わらせることができます。

1冊だいたい300問くらいなので1日30問なら10日、50問なら6日で1周することができます。

さやか
さやか
流石に300問だけでは入試の文法問題には太刀打ちできませんが、挫折しにくい問題集ではあります。

ネクステなどの網羅系で途中離脱した人も取り組みやすいです。

また、有料ですがアプリもあり、確認テストや音声データを利用できます。

東進生にわかりやすい表現で言うと高速基礎マスターに近いアプリです。

英文法レベル別問題集のレベル

多くの人が一番気になるのはここでしょう。

レベル1 超基礎編

実はレベル別問題集の1と2は高校英語ではなく、中学英語の問題が集められています。

レベル1は高校入試標準レベルです。

学生
学生
高校生にもなって中学英語の問題をやるなんてバカバカしくないですか?
どの科目も中学の内容を土台に高校内容があるわ。特に英語はその要素が強く、大学受験の対策をするならまずは中学英語をマスターすべきよ。
さやか
さやか

1つの目安として、自分の高校の偏差値が60以下ならレベル1から始めるとよいでしょう。

レベル2 基礎編

レベル2は中学英語応用レベルです。

この参考書をやるかどうかの目安は、高校偏差値65です。

レベル3 標準編

安河内哲也 東進ブックス

ここからいよいよ大学受験レベルです。

レベルはかつてのセンター試験の標準問題に合わせてあります。

新しい共通1次試験にもちょうどいい難易度でしょう。

このレベルはどの大学を目指す人もやっておくべきです。

レベル4 中級編

こちらはだいたい日東駒専レベルです。

ほとんどの受験生はここまで仕上げれば英文法対策は十分です。

レベル5 上級編

レベル5はMARCHや関関同立レベルです。

ここまでくると手強い問題も増えますが、レベル4までをしっかりやってきたのであれば食らいつくことができます。

段階を踏んで簡単なところから始めても、無理なく高い最終到達点に行けるのがレベル別問題集のいいところです。

レベル6 難関編

こちらは早慶レベルです。

早慶では重箱の隅をつついた英文法も出題されるのでここまでやりましょう。

一方旧帝大は英文法の問題自体なかなか出題されないのでやる必要はありません。

東京大学では英文法の問題は出ますし、確かに難しいのですが知識の広さより深さが要求されているのでやらなくていいです。

英文法レベル別問題集の使い方

1冊300問ほど収録されているので1日30問やって10日で1周、1ヶ月で3周しましょう。

これで1冊仕上がります。

ほとんどの人がレベル4までで十分、5や6をやる人は大抵1や2をやる必要がないことを考えるとだいたい自分がやるべき冊数は3、4冊です。

3、4ヶ月で英文法を完成させましょう。

学生
学生
結局そんなに何冊もやるなら、最初から網羅性の高い1冊をやればよくないですか?
レベル別のいいところは、1冊のなかに一応全分野網羅されているところと、分割されていることによる挫折しにくさにあるわ。
さやか
さやか

1〜3をやっているときは英文法の習得に専念し、4〜6は構文や長文の学習も並行して総合的な英語力の強化に努めるのがおすすめです。

まとめ

英文法レベル別問題集は非常に取り組みやすく、上のレベルまでステップアップしていけばどこの大学入試でも太刀打ちできる英文法の力が身につきます。

分厚い英文法の問題集をやっていて心が折れそうな人たちは乗り換えてみてはいかがでしょうか。

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/