参考書

【医学生がレビュー】速読英単語・英熟語シリーズを徹底比較【レベルは?使い方は?】

今回の記事では速読英単語・熟語シリーズについて紹介していきます。

速単シリーズは、全部で

 

・速読英単語入門編+CD(別売り)

・速読英単語必修編+CD

・速読英単語上級編+CD

・速読英熟語+CD

 

があります。

 

このシリーズは長文の中で使われている英単語を覚えていこうというのがコンセプトで、他の単語帳とは異なります。

 

 

 

速読英単語 入門編

単語数 約700語
レベル 高1・高2
値段 990円(税込)

 

 

 

 

 

速単で一番売れているのは必修編ですが、はじめて単語帳に手を出す人が必修編を買うと失敗します。

初学者が必修編をやると、長文が何を言っているかわからず、あちこちで立ち止まりながらの学習になってしまいます。

そうならないためにもはじめての単語帳で、速単シリーズをやりたいのであれば入門編からはじめましょう。

 

入門編は基礎的な単語が多く、中学英語からすぐに繋げられます。

これだけでは語彙数が足りていませんので必修編までやりましょう。

 

 

 

速読英単語 必修編

単語数 約1900語
レベル 受験標準
値段 1100円

 

 

 

 

入門編から繋げるのももちろんありですが、ターゲットのようなオーソドックスな単語帳から接続してもいいです。

近年の入試問題から単語を厳選し、派生語・関連語も込みで入試に出てくる英単語の95%以上をカバーしています。

 

同シリーズの他の単語帳でも言えることですが、改訂ごとに長文の差し替えがあるので単語帳とCDは同じバージョンのものを購入しましょう。

 

 

 

速読英単語 上級編

単語数 約900
レベル 難関大学
値段 1320円

 

 

 

 

 

 

必修編までを完全に覚えた段階で志望校の過去問に挑戦してみて、それでも語彙力の不足を感じるのであれば上級編もやりましょう。

この単語帳は大学受験の標準レベルを既に身につけた人専用で、上級レベルの語彙が揃っています。

 

速単の上級編には未知の単語の推測法にも力が入れられており、これは他の単語帳ではほぼ見ない特徴です。

別冊で推測法についての解説がとても詳しくされています。

全48の英文に推測の練習問題がついているので、一通り学習すれば難単語だけでなく推測法も身につきます。

 

 

 

速読英熟語

熟語数 約900
レベル 大学受験
値段 990円

 

 

 

  

 

必修編までやって速単がしっくりくるのであれば、英熟語も同じシリーズのものにしましょう。

熟語帳は単語帳ほど種類が豊富ではなく、この1冊で入試に必要な英熟語が網羅されているので、単語帳は速単以外で英熟語だけこの本をやってもいいです。

 

 

 

CDは必要?

速単の一番のセールスポイントは長文の中に重要単語が散りばめられていることです。

学習の際は収録されている長文を何度も読んでいくことになります。

なので、長文の読み上げがついているCDは学習の質を高めるために持っておきたいです。

 

CDを買うことで、今後の入試で重要度が高まるリスニング力も鍛えられます。

 

 

 

まとめ

速読英単語・熟語シリーズは、語彙力を身につけるだけの他の単語帳とは違い、長文読解の力やリスニング力も身につけることができます。

その分時間はかかりますが、知識偏重の過去の入試から総合力重視に切り替わっていますので時代に適応した単語帳といえます。

 

 

 

長文読解のおすすめ問題集はこちら https://sayakaigakubu.com/【英語】長文読解のコツと勉強法7選おすすめ問?preview_id=194&preview_nonce=05c774843f&_thumbnail_id=259&preview=true

 

 

 

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/