暗記法

替え歌で覚える暗記法の効率は?メリット・デメリットを徹底解説

こんにちは、医学生さやかです。

皆さんは歌うことが好きですか?

歌うことが好きな人はもちろん、嫌いな人も替え歌で勉強することのメリットはたくさんあります。

今回の記事では、替え歌で勉強することのメリットデメリット、有名な勉強の替え歌を紹介します。

 

替え歌暗記法とは

有名な歌の歌詞を勉強の内容に変えて暗記する方法が替え歌暗記法です。

質の高いものは、学校の先生や予備校講師の間で有名になっていて、あなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

替え歌で暗記するメリット

替え歌で覚える際には、あなたの暗記を手助けしてくれるメリットがいくつもあります。

 

順番を間違えにくい

歌のリズムに合わせて暗記するため、覚える内容の順番を間違えにくく、まとまりとして暗記できます。

流れが重要な、歴史の勉強に向いているといえます。

 

記憶に残りやすい

あなたが既に知っている音程とリズムのため、とても記憶に残りやすいです。

有名な曲と関連付けて覚えているため、長期間脳に残ります。

 

替え歌で暗記するデメリット

替え歌での暗記にはデメリットもあるので、注意を払う必要があります。

 

試験中は歌えない

勉強中が口ずさんで替え歌を覚えることができますが、試験中にそのまま歌うわけにはいきません。

頭の中で曲を再生し、歌詞を思い出すことが必要になります。

 

自分で替え歌を作るのは面倒くさい

また、自分で替え歌を考えるのは意外と手間がかかります。

曲のリズムを崩さないように新しい歌詞を考えるのは難しく、1曲の終わりでちょうど覚える内容を終わらせる必要があります。

 

有名な勉強関連の替え歌

自分で替え歌を考えるのは大変なので、勉強関連の有名な替え歌を覚えていったほうがいいです。

歴史や古典文法に関するものが多く、暗記を手助けしてくれます。

 

アルプス一万尺で中国王朝

アルプス10,000尺ではなく、もしかめで中国王朝を教えているところもあるかもしれません。

ただ、アルプスバージョンの方がより正確に覚えることができます。

 

もしかめで古典文法助動詞

古典文法の助動詞は28種類を丸暗記しようとすると、非常に時間がかかります。

もし亀の替え歌を使えば、分類ごとにまとめて覚えることができ、しかもすぐに頭に入ります。

私も助動詞はこれで覚えました。

 

日本史のアクエリオン

こちらの替え歌では、日本史の大まかな流れを覚えることができます。

私がこの曲を知ったのは小学生の時ですが、大学生の今でもはっきりと歌詞を覚えています。

やはり歌で覚えると言うのは記憶に残りやすいのですね。

 

替え歌で世界史年号語呂合わせ【104個+α】

平井堅のキラキラのポップスターの替え歌です。

これ1曲で世界史の重要な年号を一通り覚えることができます。

 

 

あなたの勉強計画、それで大丈夫ですか?

成績を上げるためには、各科目ごとの正しい順序に則り、自分のレベルにあった参考書に取り組むことが大切です。

でも、科目ごとの正しい勉強順序や、今自分がやるべき参考書なんてなかなかわからないですよね?

 

そこでおすすめなのが、難関大受験専門塾の「現論会」です。

「現論会」ではあなたの今の学力に応じて、1日ごとの勉強計画を作成してくれます。

今だけ無料で受験相談を受け付けているので、この機会に勉強計画の相談をしてみてはいかがでしょうか?