医学部

国公立・私立の全医学部の学費ランキングと安く通う方法の紹介

こんにちは、医学生さやかです。

医学部に通うとなるとお金がたくさんかかるイメージの人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では国公立と私立の全医学部の学費をランキング形式で紹介します。

 

国立大学の医学部の学費

国立の医学部の学費はどこでも同じです。

入学金は282,000円、年間授業料は535,800円です。

ただし、千葉大学と東京医科歯科大学は2020年から年間授業料は642,960円に値上げされています。

 

国立の医学部はどこでも6年間で350万円ほどの学費で、これは一般的な私立医の1年間の学費よりも安いです。

そういうわけで、国立の医学部は私立よりも受験生に人気でハイレベルな競争になりがちです。

医学部に通うにはこれ以外にもお金がかかります。実習に必要なものは各自で用意する必要がありますし、医学書は1冊1万円以上するのが普通です。

 

公立大学の医学部の学費

公立の医学部は授業料は横浜市立大学以外は国立大学と変わりませんが、入学金は地元民とそれ以外で差があるというのが大きな特徴です。

さやか
さやか
地元民を優遇することで、地域医療を重視したいという大学側の気持ちが読めますね

地元民の条件は、福島県立医科大、京都府立医科大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学はそこの県民限定、横浜市立大学は横浜市民限定、名古屋市立大学は名古屋市民限定です。

大学名 授業料(1年間) 入学金(地元) 入学金(その他)
札幌医科大学 535,800円 282,000円 282,000円
福島県立医科大学 535,800円 282,000円 846,000円
横浜市立大学 573,000円 141,000円 282,000円
名古屋市立大学 535,800円 232,000円 332,000円
京都府立医科大学 535,800円 282,000円 493,000円
大阪市立大学 535,800円 282,000円 382,000円
奈良県立医科大学 535,800円 282,000円 802,000円
和歌山県立医科大学 535,800円 282,000円 752,000円

 

私立大学の医学部の学費ランキング

順位 大学名 学費(6年間)
1 国際医療福祉大学 18,500,000円
2 順天堂大学 20,800,000円
3 日本医科大学 22,000,000円
4 慶應義塾大学 22,059,600円
5 自治医科大学 22,634,480円
6 東京慈恵会医科大学 22,810,000円
7 東邦大学 26,297,800円
8 関西医科大学 28,140,000円
9 昭和大学 28,172,000円
10 東京医科大学 29,833,800円
11 藤田医科大学 30,526,000円
12 産業医科大学 30,697,800円
13 大阪医科薬科大学 31,575,000円
14 日本大学 33,380,000円
15 東北医科薬科大学 34,130,000円
16 愛知医科大学 34,350,000円
17 岩手医科大学 34,400,000円
18 聖マリアンナ医科大学 34,732,000円
19 東海大学 35,306,200円
20 近畿大学 35,857,000円
21 久留米大学 36,378,000円
22 獨協医科大学 37,300,000円
23 杏林大学 37,590,700円
24 兵庫医科大学 37,600,000円
25 帝京大学 37,728,000円
26 福岡大学 37,738,260円
27 北里大学 39,528,000円
28 埼玉医科大学 39,600,000円
29 金沢医科大学 40,443,000円
30 東京女子医科大学 46,214,000円
31 川崎医科大学 47,365,000円

 

国際医療福祉大学が最も安く、2000万円前半で通える大学が5校ありますね。

これ以上学費のかかるところは、たとえ奨学金を借りたとしても一般家庭では通うのがほぼ不可能でしょう。

 

医学部の学費を安くする方法

地域枠で受験する

学費の一部または全てを地方自治体が負担する代わりに、大学を卒業後一定期間指定された病院で勤める義務が生じるのが地域枠です。

地域枠は地元に医者を確保するためにつくられた制度です。

卒業後の拘束を嫌って利用しない受験生が多いため、地域枠は普通の受験よりもやや偏差値が下がる傾向にあります。

 

奨学金制度を利用する

大学やその地方ごとに色々な奨学金制度が用意されているので、それを利用することで学費をまかなうことが可能です。

奨学金には、後で返済が必要なものと、返済義務のない給付型のものがあるのでよく確認しておきましょう。

 

特待生になる

成績優秀者だと学費の一部または全てが免除になる特待生制度が用意してある大学もあります。

特待生は入試時の得点か、入学後の試験の成績・出席状況などで選定されます。

入学後に特待生を選ぶ場合は、入る段階で特待生になれるかどうかわからないのがデメリットですね。

どちらにせよ、合格することが非常に難しい医学部医学科の中でさらに好成績をおさめるというのは本当に賢く勤勉な人でしか実現できないでしょう。

さやか
さやか
私立医の特待を取れる学力があるのなら、難関国公立医学部にも軽く受かるとは思います。

 

まとめ

国公立医学部は基本的に6年間で350万円ほどの学費がかかり、公立で地元民でないと入学金が高くなります。

私立は最低でも6年で1800万円の学費がかかります。

学費を安くしたい場合は、地域枠、奨学金、特待生などを視野に入れましょう。

スタディサプリの14日間無料体験

カリスマ人気予備校講師の映像授業をたった月額1980円で見放題のスタディサプリを簡単な手順で今なら14日間無料で体験できます。

受験生の約2人に1人が利用しているスタサプ を体験してみませんか?

詳しく知りたい方は スタディサプリの無料会員とは?14日間無料体験する方法をどこよりも丁寧に紹介 をご覧ください。