医学部

医学部受験はなぜ難しいのか現役医学生が徹底解説

こんにちは、医学生さやかです。

同じ大学でも医学部医学科だけは別次元の難易度」「医学部に合格するのは東大や京大クラスの学力が必要」と聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

今回の記事ではどうして医学部医学科に合格するのがどうしてそんなに難しいのかを徹底解説していきます。

 

医学部が難しい理由 ①医者という職業の魅力

医学部の受験が難しい1番の理由は医者という仕事がとても魅力的だからです。

年収が高い

400〜500万円が日本人の平均年収ですが、医者はどの専門医になっても、勤務医であったとしても1000万円以上稼ぐことができます。

美容整形なら2000万円以上、自分で開業してしまえば3000万円以上稼ぐことも可能です。

年収1000万というのは東大卒でも容易ではなく、一流企業の内定を取ってその後も競争を生き抜いて何年も勤務してようやくもらえる給料です。

それを医者なら誰でも稼げるので、東大に受かるような学力の人も将来の収入を考えて医学部に流れてしまっています。

 

安定している

年収が高いだけでなく、安定しているというのが医師の魅力です。

難関大学から外資の内定を取ったとします。

外資の企業だと、若いうちから高い給料をもらうことができますが、結果を出さないと簡単に首になってしまいます。

その点、高齢化が進み医師不足が問題になっている日本では医師の需要が下がることはなく食いっぱぐれない職業といえます。

 

社会的ステータスが高い

人の命を救うのが医療の仕事です。

多くの人々に感謝され、社会的ステータスが高いです。

 

 

医学部が難しい理由 ②受験生の質

多浪の割合が高い

難関大学でも、医学部でなければ2浪以上はあまりいません。

なぜなら多浪だと就活で不利になってしまうからです。

一方で医学部は何年浪人しても高収入の仕事にありつけるので、入ったもん勝ちです。

その結果、医学部は多浪がかなり多いです。

浪人すればするほど受験に備えて勉強する時間は多くなりますから、手強い受験生ばかりということになります。

 

中高一貫校出身が多い

医学部を受験する人は中高一貫の名門私立に通っている人がとても多いです。

中高一貫校に通うのは、小学校から塾に通って中学受験をし、常に先取り学習をしてきた猛者たちです。

彼らを相手にするのはなかなか難しい話でしょう。

 

医学部が難しい理由 ③入試の性質

受験に必要な科目数が多い

特に国公立医学部は必要な科目が多く、共通テストは国語、英語、数学1A2B、理科2科目、社会1科目が必須です。

これだけ受験科目が多いにも関わらず、90%前後の高得点を要求されます。

ミスが許されない厳しい条件です。

共通テストで90%を取ろうとなると、二次試験に使う英語数学理科だけでなく、国語や社会まで文系顔負けの勉強量が必須になります。

 

面接試験がある

他の学部ではほとんどないにも関わらず、医学部ではほぼ必ず面接試験があります。

面接試験では医学部の志望理由や医学的な知識を確認されたりします。

そのため、普通の科目の勉強をするだけでなく、医学の内容も入学前からある程度知っておく必要があります。

これも医学部入試を難しくしている要因の一つです。

 

【現役医学生が解説】医学部の面接の頻出質問8と模範解答とNG解答まとめ【志望理由は?】

医学部の面接について詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

まとめ

医師という職業はとても魅力的で、多浪や中高一貫校出身の人が多く受験するためハイレベルな競争になります。

また、勉強するべき科目が多いのに高得点を要求されるのが医学部入試の難しさです。

 

 

 

 

 

 

スタディサプリの14日間無料体験

カリスマ人気予備校講師の映像授業をたった月額1980円で見放題のスタディサプリを簡単な手順で今なら14日間無料で体験できます。

受験生の約2人に1人が利用しているスタサプ を体験してみませんか?

詳しく知りたい方は スタディサプリの無料会員とは?14日間無料体験する方法をどこよりも丁寧に紹介 をご覧ください。