家庭教師・個別指導

家庭教師と個別指導塾の違うところと共通点を医学生が徹底解説

こんにちは、医学生さやかです。

家庭教師と個別指導塾を同じように考えていて違いがよくわからない人は多いのではないでしょうか。

今回の記事では家庭教師と個別指導塾の共通点と異なる点を徹底解説していきます。

 

家庭教師と個別指導塾の共通点

①マンツーマンでの指導

家庭教師も個別指導塾も生徒1人を1人の大人が教えてくれます。

集団での塾では、クラスのレベルが自分の実力と異なることがあります。

自分の能力よりも高いクラスだと何を講師が言っているのかわからず、自分の能力よりも低いクラスだと説明が長々として退屈に感じてしまいます。

しかし、マンツーマンでの指導だと自分にとって最適なペースで説明を受けることができます。

②質問しやすい

集団での塾では周りの目を気にしてなかなか質問できないかもしれません。

授業の進行を邪魔するわけにはいかず、授業中に頻繁に質問するわけにはいきません。

しかし、家庭教師や個別指導塾では説明を受けているのは自分1人なので好きなタイミングで質問することができます。

1度聞いて理解できなかったこともわかるまで何度も質問できます。

③スケジュール管理がしやすい

集団での塾の場合、自分の生活を塾に合わせる必要がありますが、家庭教師や個別指導の場合は用事がある場合は別の日にずらすことが容易です。

部活で大会が入りがちな高校生にはありがたいですね。

 

家庭教師ならではのメリット

①通塾に時間がとられない

家庭教師では先生が自宅に来てくれるので移動時間が取られず効率よく勉強することができます。

②親がこどもの学習状況を把握しやすい

家庭教師は毎回の指導の後に、今日は何を勉強したか親に報告することが多いです。

自分のこどもがどんな勉強をしているのか知りたい親にはありがたいシステムですね。

③慣れた場所で勉強できる

自宅で指導してもらえるメリットは通学時間だけではありません。

慣れた環境で落ち着いて勉強に集中できます。

 

家庭教師ならではのデメリット

①家庭教師の交通費を出す必要がある

先生を自宅に呼ぶのでそのための費用を払う必要があります。

ただし、家庭教師紹介サービスを利用して大学生に指導を頼む場合には通学定期を持っている学生を選んでもらうこともできます。

②家族が気を遣う

自宅で指導してもらう間は、家族は音を出さないように気を遣わなければなりません。

楽器の練習や掃除は家庭教師がいる間はできません。

 

個別指導塾ならではのメリット

自習室がある

個別指導塾によりますが自習室が用意してあると、図書館やカフェに行かずとも落ち着いて勉強する環境を確保できます。

情報が豊富

家庭教師は指導者一人の経験をもとに教えてもらうことが多いですが、個別指導塾ではその中で情報を共有しています。

詳細な受験データは家庭教師よりも個別指導の方が期待できます。

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/