参考書

医学生が選ぶ英文法の参考書・問題集30選【おすすめ度評価】大学受験

こんにちは、医学生さやかです。

今回の記事では英文法の参考書・問題集を目的別に30冊ほど紹介します。

 

この記事の特徴

・他記事に比べ多い紹介数

・おすすめ度合いと難易度を星5つで紹介

・おすすめの参考書だけでなくおすすめできない参考書も理由をつけて紹介

・目的別に紹介

 

中学英語の復習におすすめの参考書・問題集3選

本当に英文法が苦手な人は中学の英文法から学び直した方がいいです。

ただ、抜けはあっても一度は学校で一通り学んでいるわけですから、中学生が使う普通の中学英語の参考書を使っていては勉強の効率が悪いです。

そこで学び直しの人向けの参考書を使いましょう。

 

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

難易度

おすすめ度

この本はイラストが豊富で、各文法事項についての説明を動画配信しているので、理解しやすいです。

解説動画は全114本で1本約2本なのでテンポよく勉強できます。

 

英文法レベル別問題集 1超基礎編 改訂版 (東進ブックス)

難易度

おすすめ度

 

実はレベル別問題集の1と2は高校英語ではなく、中学英語の問題が集められています。

レベル1は高校入試標準レベルです。

 

英文法レベル別問題集 2基礎編 改訂版 (東進ブックス)

難易度

おすすめ度

 

難関高校レベル〜高1入門レベルまでの問題が収録されています。

中学英語と高校英語の橋渡し的な存在といえます。

 

高校英文法の参考書(通読用)8選

中学英語に問題のない人の英語学習はここから始まります。

 

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】

大岩秀樹 東進ブックス

難易度

おすすめ度

 

高校生が英文法を学ぶにあたって、一番最初に学習すべきはこの参考書です。

いきなり問題ばかり集録されたものや、抜けはないもののやたら分厚い解説書に手を出したら確実に挫折します。

 

これくらいがちょうどいいです。

中学の文法から高校の文法へスムーズに接続できます。

この本が終われば軽めの文法問題集をやりましょう。

 

安河内の新英語をはじめからていねいに【完全版】

難易度

おすすめ度

 

もともとは2冊構成だったものを圧縮して1冊にした完全版です。

その結果、講義形式のわかりやすさが落ちて、説明がシンプルすぎるようになってしまったのでおすすめ度は下がります。

 

関正生の英文法ポラリス1

難易度

おすすめ度

 

スタディサプリの人気講師関先生が書いた参考書です。

解説の仕方、構成はスタディサプリの英文法に準拠していますから、それを受講している人に特におすすめです。

ポラリス1はスタサプのスタンダード英文法の復習にちょうどいいくらいの難易度です。

 

関正生の英文法ポラリス2

難易度

おすすめ度

 

ポラリス1の続編です。

ポラリス1に比べ解説が簡素化しているので、やるなら1からやったほうがいいと思います。

 

関正生の英文法ポラリス3

難易度

おすすめ度

 

今の入試英語で英文法のレベルはそこまで高くなく、配点も低いのでここまでやらなくてもいいかと思います。

 

大学入試 肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本

難易度

おすすめ度

 

肘井先生はスタディサプリの読解分野は担当していますが、文法分野を扱っておりません。

そのため、「スタサプ で肘井先生の講座をとって相性がよかったので、この先生から英文法も教わりたい」「肘井先生の読解講座を受けるための準備をしたい」といった人におすすめです。

 

大学入試 肘井学の 作文のための英文法が面白いほどわかる本

難易度

おすすめ度

 

英作文で間違えやすい文法事項というものはどの英作文の参考書でも最初の方に紹介してあるものなので、わざわざこの本で学ぶ必要はないかと思います。

 

一億人の英文法

難易度

おすすめ度

 

「話せる」ための英文法を解説しています。

現在の入試制度では英会話に配点があることは皆無ですのでこの本をやらなくてもいいです。

 

 

高校英文法の参考書(辞書用)2選

1ページ目から読んで勉強するというよりは、他の英文法の参考書・問題集を読んで詳しく調べたくなったときに、該当箇所だけ読むという使用法が推奨される参考書です。

 

Evergreen

難易度

おすすめ度

 

Forestの後継者で中身はほぼ同じです。

基礎から応用まで大学受験で問われる英文法の全てを詳しく解説してあります。

全受験生が持っておくべき1冊です。

 

ロイヤル英文法―徹底例解

難易度

おすすめ度

 

悪くはないのですが、Evergreenの完成度が高すぎてこちらを選ぶ必要はないかなと思います。

 

 

高校英文法の問題集(テーマ別)10選

英文法レベル別問題集 3標準編 改訂版 (東進ブックス)

安河内哲也 東進ブックス

難易度

おすすめ度

 

レベル別問題集は薄く問題量が絞られているので1週間もあれば十分に回すことができます。

薄いので解説は浅いのかと思いきやしっかりしているので初学者にも優しいです。

 

英文法レベル別問題集 4中級編 改訂版 (東進ブックス)

難易度

おすすめ度

 

「もう受験生だし、分厚い英文法の問題集を回している暇はないよ!」という人におすすめなのがこちら。

大岩→レベル別3→レベル別4のルートが最短で文法力を受験レベルまで持っていってくれます。

 

英文法レベル別問題集 5上級編 改訂版 (東進ブックス)

難易度

おすすめ度

 

レベル5はMARCHや関関同立レベルです。

ここまでくると手強い問題も増えますが、レベル4までをしっかりやってきたのであれば食らいつくことができます。

 

英文法レベル別問題集 6難関編 改訂版 (東進ブックス)

難易度

おすすめ度

 

こちらは早慶レベルです。

早慶では重箱の隅をつついた英文法も出題されるのでここまでやりましょう。

一方旧帝大は英文法の問題自体なかなか出題されないのでやる必要はありません。

 

Next Stage 英文法・語法問題[4th EDITION]: 入試英語頻出ポイント218の征服

桐原書店

難易度

おすすめ度

 

超定番の問題集ですが、きちんと定着させられている人は意外と少ないのではないでしょうか。

文法だけでなく、語法・熟語・発音・アクセントの問題も集録されているので1冊で英語の知識分野は制覇できます。

網羅性を重視するあまりほぼ出ないようなものもちらほらあるのが難点です。

 

POWER STAGE 英文法・語法問題

難易度

おすすめ度

 

Nextageと問題数、難易度、レイアウトなどほぼ同じです。

Power StageはNextageと比べて語法問題が300問以上多く、その反動でアクセントや熟語といった文法・語法以外の分野が少なくなっています。

文法・語法を重視するならPower Stage、総合的な英語力のアップを目指すならNextageを選びましょう。

 

Vintage英文法・語法 Vintage 3rd Edition

難易度

おすすめ度

 

ネクステより網羅性が高く、網羅系を1冊買おうとなった場合の最有力候補です。

 

UPGRADE英文法・語法問題文法・語法・語い・熟語・会話・発音/アクセント―〈データ分析〉大学入試

難易度

おすすめ度

 

これもネクステやビンテージと同じような感じです。

そう言われるとどれを買えばいいか迷うかもしれませんが、正直言ってどれでもいいです。

何をやるかはそこまで重要ではなく、どれか1冊やるときめた網羅系を最後までやりきって自分のものにすることが何より大事です。

 

大学受験スーパーゼミ 全解説 頻出英文法・語法問題 1000[増補改訂版]

難易度

おすすめ度

 

解説の量、わかりやすさが同レベルの問題集より上ですね。

 

スクランブル英文法・語法

難易度

おすすめ度

 

いわゆるネクステレベルのよくある問題集です。

 

 

高校英文法の問題集(ランダム)4選

分野別に問題が置いてあると、「この4択はよくわからないけど、不定詞の分野に集録されているからどうせtoが入っているやつなんだろうな」といった邪道の解き方が出来てしまいます。

ただし、「仮定法の分野に不安があるから、仮定法の復習をしよう」といった分野別の学習の勉強には不向きです。

まずはテーマ別で学んだ後に、実践力を身につけるためランダム形式で学ぶと良いでしょう。

 

大学入試英語頻出問題総演習

難易度

おすすめ度

 

いわゆる英頻です。

ネクステレベルの問題がランダムに並んでいます。

分量が多すぎになってしまうので、ネクステやビンテージといった網羅系との併用はおすすめできません。

 

竹岡の英文法・語法ULTIMATE究極の600題 (大学受験プライムゼミブックス)

難易度

おすすめ度

 

私が一番おすすめする文法書です。

アマゾンや他の受験ブログのレビューでは、表面上の特徴しか書かれていませんでしたが、この本の一番優れている点は「出題回数にメリハリがついている」点です。

 

他の文法問題集は1000題ほど集録されていたりしますが、網羅性を重視するあまり、頻出な文法でも1回しか出てきません。

「その文法いまどき誰が使ってるの?ほんとに出題されるの?」という問題も同じように1問ずつ入っています。

 

ULTIMATEの場合は頻出であったり間違えやすかったりする問題は600問のうちで何度も出され、定着しやすいようになっており、化石のような英文法は大胆にカットしてあります。

このメリハリこそがULTIMATEのメリットです。

 

eitherの用法なんかは1周するうちに5回くらい見た記憶があります。

正答率表示がされている点も面白く、竹岡先生が実際の授業でするような小話が含まれている点もやっていて飽きないですね。

「難易度が高すぎる問題が一部含まれている」という批判がありますが、正答率の低い問題は丸暗記の人を門前払いする問題であって、しっかり考えて解けば正解にたどり着く良問ばかりです。

 

全解説実力判定英文法ファイナル問題集

難易度

おすすめ度

 

全10回のテスト形式です。

私立入試の直前に10日間で英文法の総復習するのに向いています。

 

英文法・語法ランダム演習セレクト600

難易度

おすすめ度

 

同じ600題だったら解説・問題の質ともに竹岡先生のULTIMATEの方がいいです。

 

 

ピンポイント補強向け参考書 3選

ここまでで紹介した参考書・問題集では理解が難しい分野の対策に便利な参考書を紹介します。

前置詞や冠詞は闇雲に覚えるよりもイメージをつかむことが大事です。

これらの分野は文法問題では頻出というわけではないですが、英作文では何度も出てくるためきちんと理解していないとゴリゴリ減点されてしまいます。

 

絵で見てイメージ! 前置詞がスッキリわかる本

難易度

おすすめ度

 

atとinとonの違いを説明できますか?

この本を読めば各前置詞のもつイメージをつかむことができ、その違いがはっきりと分かります

 

ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉

難易度

おすすめ度

 

「絵で見てイメージ」よりも図が減って、文字での解説が詳しくなっています。

 

aとtheの底力 -- 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界

難易度

おすすめ度

 

英作文をやるようになると、「ここはa? the? どっちだ?」という状況によくなります。

その迷いが生じないようにするためにはこの本を読んでおくと良いです。

 

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/