勉強法

【高校生向け】おすすめの勉強場所6選【メリット&デメリット】

こんにちは、医学生さやかです。

憧れの志望校に合格するためには、勉強時間を確保しなければなりません。

そこで重要になってくる要素が勉強場所です。

自分にあった適切な勉強場所を選ぶことで、勉強時間を伸ばすだけでなく勉強効率を上げることができます。

塾の自習室がある人は基本的にそこを利用すればいいですが、自習室が開いていない時もありますよね?

そのため自習場所問題は高校生全員にとって重要テーマです。

今回の記事ではおすすめの勉強場所とそれぞれのメリットデメリットを紹介し、徹底比較していきます。

 

図書館

メリット① 無料

図書館は誰でもタダで利用することができ、自由に使えるお金の限られている高校生にはとてもありがたいです。

 

メリット② とても静か

図書館で音を立てることはマナー違反なので静かな環境で勉強できます。

勉強のための自習室を設置しているとこが多く、落ち着いて勉強できます。

自習室がなくても読書用の机での勉強を許可している図書館は多いです。

 

メリット③ 調べごとに便利

勉強をしていると疑問点が出てくるでしょう。

そんなとき、図書館にある本をつかって調べて知識を深めることができます

 

デメリット① 開館時間

図書館が開いている時間は大抵、朝9時から夕方5時くらいです。

これは学校の授業時間帯とほぼ同じです。

そのため、高校生が図書館で勉強できる機会は、土日と学校が休みの平日に限られます

 

デメリット② 子供の声

図書館はとても静かな環境ですが、それゆえに少しでも音が鳴ったり声が聞こえたりすると気が散るものです。

利用者の中には一定数小さな子供がいて、図書館でもおかまいなしに声を出しています。

 

公園

メリット① 開放感

太陽を浴びることは医学的によいことです。

太陽を浴びることでセロトニンが分泌され、脳の活動が活発になります。

とてもいい気分で勉強できます。

 

デメリット① 天候に左右される

外で勉強することで生じるデメリットもあります。

雨や雪の時に公園で勉強するのは不可能です。

炎天下の中や、真冬での勉強も体に悪いのでおすすめできません。

また、夜暗くなると文字が読みにくくなってしまいます。

このように、公園での勉強は気象条件の影響を受け安定しません

 

デメリット② 勉強が読み物に限定される

ベンチに座って勉強するというスタイルだと、ペンを持ってノートに書き込んでいく勉強は難しく、実質的に教科書や単語帳を見ることなどに限定されます。

 

これらのデメリットから公園での勉強をメインに据えるのはやめましょう

ただし、太陽を浴びることはいいことなのでたまに気分転換で公園で勉強してみるのはいいと思いますよ。

 

マクドナルド

メリット① 安い

マックのコーヒーはSサイズで100円です。

高校生でも無理なく通える値段ですね。

 

メリット② 栄養補給ができる

勉強をしていてお腹がへったらハンバーガーやポテトを注文して空腹を満たすことができます。

 

デメリット① 机が汚い可能性

たまに油ぽかったり、糖分でネチョネチョした机があるので注意が必要です。

 

喫茶店

メリット① 机と椅子の質が高い

喫茶店は利用者にくつろぎの空間を提供することを売りにしているので、テーブルは広く、椅子の座り心地が他の施設に比べ格段にいいです。

そのため長時間の勉強でも疲れません。

また、客が退店するごとに従業員が机を拭いているので、マックと異なりいつでも机の上は清潔です。

 

 

デメリット① 費用

コーヒー1杯頼むだけでも安い喫茶店で300〜400円程度します。

1ヶ月毎日喫茶店で勉強し、コーヒーを注文したとすると1万円かかる計算です。

これはバイトをしておらずお小遣いだけでやりくりしている高校生にとっては相当痛い出費です。

そのため、友達と集まって勉強するときにたまに使うくらいが現実的です。

 

インターネットカフェ

メリット① ドリンク飲み放題

ネカフェを利用するともれなく、ドリンクバーがついてきます。

コーヒーや紅茶を飲めば眠気覚ましになります。

 

メリット② PCでオンライン授業を受けられる

スタディサプリやYouTubeで公開されている授業を受けることができます。

もちろん自宅のPCでも受けることはできますが、自宅で集中するのは案外難しくないですか?

そういった人はネカフェを使ってみてはどうでしょうか?

 

デメリット① 誘惑が多い

ネカフェは大量の漫画が置いてあります。

この誘惑を振り払うのは至難の技です。

 

デメリット② 寝息の音

ネカフェはとても静かでちびっ子はまず利用しないので、図書館と異なり人の声がほぼ聞こえません。

しかし、ネカフェを宿として利用している人は一定数いて稀に寝息が聞こえます

 

 

カラオケ

メリット① 防音

「カラオケで勉強!?」と思われるかもしれませんが、カラオケは防音がしっかりした部屋なので、ゴロを口に出したり音読学習に向いています

 

メリット② 歌ってストレス解消

歌うことはストレス発散によいです。

「ここまで勉強したら1曲入れよう」といった感じで、勉強のご褒美を設定してモチベーションをあげやすいところもいいですね。

 

デメリット① 隣の部屋の音

普通にカラオケに行って自分も歌っている場合は隣の部屋のことは気になりません。

しかし、自習室として利用しようと機器の音量を0にすると隣の部屋の歌い声が聞こえ出します

 

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/