受験情報

【結局親ガチャ?】大学受験に親の学歴や収入は影響するのか医学生が徹底考察

こんにちは、医学生さやかです。

今回の記事では、最近話題の「親ガチャ」という言葉をテーマにし、公立の小中高を通い、現在国公立医学部で学んでいる私の経験をもとに、親のスペックと大学受験の関係性について徹底考察していきます。

 

そもそも親ガチャとは

親ガチャとは近年インターネットで急速に普及した言葉です。

親ガチャの意味をweblioでは以下のように解説しています。

 

子どもの立場から「親は自分では選べない」「どういう境遇に生まれるかは全くの運任せ」と述べる表現。ソーシャルゲームにありがちなキャラクター入手方法(いわゆるガチャ)になぞらえた言い方。

引用:weblio辞書

 

このような言葉がなぜ流行に至ったかというと、「どの親に生まれてくるかという運で自分の人生が大きく変わる」という考えに多くの人が共感したからでしょう。

 

学生
学生
生まれた瞬間に人生が決まるって、なんだか嫌な感じですね。でもそれに納得してしまう自分がいるのも事実ですが...
今回は、親ガチャに「失敗」してしまっても大学受験に逆転できるか徹底考察していくわよ!
さやか
さやか

 

親ガチャと大学受験への影響

親の学歴は大学受験に関係ある?

私の両親は二人とも高卒ですが、私は国公立の医学部医学科に合格しています。

大学の友達に親が元ヤンの人もいますし、親の学歴が低くても医学科に受かっている人はそれなりにいます

ただ、明らかに公立の小学校中学校に通っていた場合に比べて、今通っている医学部の方が親が高学歴の人の割合は高いです。

 

よって、「大学受験は親が高学歴である方が有利である」といえます。

その要因としては、

  • 親が勉強を教えてくれる
  • 大人になっても学んでいる親を近くに見て子供のやる気が高まっている
  • 高学歴の親は学歴の重要性を理解しているので教育に投資する
  • そもそも知能が遺伝する

といったものが考えられます。

 

親の年収は大学受験に影響ある?

東京大学が2018年に実施した「学生生活実態調査の結果」では、なんと東大生の家庭の過半数が世帯年収950万オーバーということが判明しました。

厚生労働省が2019年に調査及び発表したすべての家庭の世帯年収は平均で552.3万、中央値で473万円です。

 

東大生の親は普通の家庭よりもお金持ちであることが多いことがわかりました。

よって、「大学受験は親の年収が高い方が有利」といえることがわかります。

 

学生
学生
わー、やっぱり親が金持ちじゃないとダメなんですね。僕は東大志望ですけど普通の家庭なので受験は諦めます!
ちょっと待って!確かに東大生の両親の半分は世帯年収950万overよ。でも、残りの半分は950万以下ってことでしょ?ここに入れるように努力すればいいじゃない!
さやか
さやか

 

私も高校受験や大学受験の時に、「講習をそんなに取るお金はない!」と怒られ希望の講座を減らすことになりました。

その一方で医者の子はたくさん講習を受けていて悔しかったです。

ただ、講習の数を限定されたことで自分にとって本当に必要な講座はなんなのか吟味することができた面もあります。

また、金銭的な都合で講座の数はお金持ちの子よりも少なかったですが、勉強時間では負けていませんでした

お金持ちの子がたっぷりと講習を受けている間に市販の問題集を解いて自習していればそこまで不利になることはありません。

 

優秀な問題集がたくさん販売され、気になることはインターネットで調べればなんでもわかる現代において、お金をそこまでかけずとも効率よく勉強することはそう難しくありません。

 

ここまでは東京大学や国公立医学部といった「普通の」難関大受験の話です。私立医だけは別物です。入学金6万円、入学金100万円、6年間の学費が2000~4000万円が相場の私立大医学部だけは裕福な家庭でないと厳しいです。

 

愛情こそが1番の親ガチャである

これまでに挙げた「親の学歴」と「親の年収」は確かに受験への影響度は大きいものの、たとえこれが悪かったとして本人の努力と工夫で逆転可能な範囲ではあります。

 

しかし「親からの愛情」が欠けてしまうと一気に受験で不利になってしまいます。

公立の小学校や中学校でクラスに1人くらい、両親に暴力を振るわれて顔にあざができている人はいませんでしたか?

小中ではしばしば見たのですが、進学校の高校時代、そして医学部に通うクラスメイトにはそんな人が誰もいないんですよね。

やっぱり、DVを受けていると勉強どころではなくなってしまうのでしょう。

 

私の両親は高卒で年収も多くなく、そんな家庭からの医学部受験を笑う人もいました。

しかし、私の両親はそんな無謀とも思える私の夢を決して否定したりせず全力で応援してくれました

持病で定期的な通院が必要な父は、医者の方から医学部受験の情報を集め、塾への送迎をしてくれました。

母は共働きをしていながら、毎日栄養バランスが優れおいしいお弁当を作ってくれました。

そうした協力があって平凡な家庭から医学部合格を勝ち取ったわけです。

 

 

親ガチャ「ハズレ」からの逆転合格手段

親ガチャで「ハズレ」を引いてしまった人が逆転合格をするのにおすすめなのが「スタディサプリ」です。



もちろん参考書中心の学習なら安く学べますが、それでも文字を読むだけより講義を受けた方が学習効率は高まります

ただ、普通の学習塾って高いですよね?

月に何万円もします。

家庭によっては支払えないこともあります。

その点、スタディサプリなら月額1980円(+税)でカリスマ講師の授業を受け放題です。

 

学生
学生
ほんとに、それいいんですか?なんか、安すぎて質がいいのか不安です。
講師は大手予備校で人気講師だった人ばかりで、授業の質はむしろその辺の塾よりも高いわ。たくさんの人に受けてもらって利益を出す仕組みだから安くなっているんだよ。
さやか
さやか

 

英数国理社全科目揃っていて、初学者から東大・医学部レベルまで用意されているのでこれ1つで最難関大への合格も可能です。

実際私もスタディサプリを使いながら国公立医学部医学科に合格しました。

あなたもスタディサプリをはじめてみませんか?



有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/