浪人・予備校

【医学生直伝】河合塾の夏期講習の選び方、おすすめ講座【いくつ取る?】

こんにちは、医学生さやかです。

6月に入ると河合塾から夏期講習のパンフレットを渡され、講座の申し込みをしなければならない時期です。

とはいえ1ヶ月以上先の予定を組めと言われてもなかなか困るものです。

私は1浪時代は河合塾で浪人して当時の第一志望である旧帝大理学部に合格しました。

今回の記事ではそうした私の経験をもとに、

  • 河合塾の夏期講習は取った方がいいの?
  • 夏はどんな勉強をすればいい?
  • 夏期講習は何講座取ればいい?
  • 河合塾の夏期講習でおすすめの講座は?

河合塾の夏期講習の数

予備校は商売ですから、夏期講習はいっぱい取ってもらった方が利益になります。

そのため、生徒の学力向上よりも利益に走ったアドバイスをしがちです。

河合塾のチューターは「合格者は平均10コマ前後取っているよ」なんてことを言います。

それだけ取らないと第一志望に受からないのかと不安になってしまいますが、実際はそんなにとっていない人が多いです。

河合塾の夏期講習は5コマ前後が1番おすすめです。

なかには全く講習を取らずに志望校に合格する人もいますが、自習ばかりだと飽きてしまいますので講習をある程度とった方がいいです。

 

私が実際に受けた講習の感想

数学Ⅲ微積演習[発展]

夏期講習の数学の講座で一番おすすめです。

夏のうちに入試で最も狙われる微積分野を得点源にしてしまいましょう。

志望大学の専用講座が用意されていない理系の人は、微積演習をとるといいです。

テキストのレベルは完成シリーズの微積演習Tと同等ですので、割と難しいです。

基礎シリーズの④Tの復習を十分にしてから受講しましょう。

通期が無印の人は発展でない方の微積演習をとりましょう。

 

総合物理[発展]

力学、熱力学、波動、電気分野の難関大学の頻出問題を解きます。

名問の森のやさしめ〜標準問題レベルです。

難関大志望者でも勘違いしがちなポイントが網羅されていて、取る価値は高いです。

物理の夏期講習で何を取ろうか迷ったらこれを選んでおけば無難です。

 

物理(電磁気)[発展]

総合物理[発展]と違って磁気分野も扱っています。

ただし、夏だと交流分野は範囲外です。

こちらも名問レベルです。

力学、波動、熱は応用問題もある程度解けるが、現役生の時に勉強が不十分で電磁気分野が不安だという人はこちらがおすすめです。

結構人気な講座でした。

 

物理(熱力学)[発展]

3回の授業です。

全然人気がなく、私が受講した時は3人しかいませんでした。

さらに2日目以降は1人来なくなったため、先生1人と学生2人だけという異様な空間になってしまいました笑。

取る必要性は薄い講座でしたが、個別指導のような感じで好きなタイミングで質問ができたのと話のネタになったので今ではいい思い出です。

 

テーマ化学(有機)

構造決定を重点的に対策する授業です。

無印以上Tテキ未満の問題が続きます。

脂肪族・芳香族までの講座です。

河合塾の化学はそんなにいい講座が設置されていないです。

河合塾生であっても化学の講座だけは駿台に遠征して化学特講を取ることを強くすすめます。

 

医進英語

再受験して医学部を再受験する際に受講しました。

90分間の授業で、英文和訳、長文読解、英作文(和文英訳or自由英作文)の3題をこなすボリューミーな講座です。

医進講座だからといって特別に医学部専用の対策をするわけではないので、医学部を目指していなくても難関大志望なら選択肢に入ります。

1つの講座で和訳、長文、英作文をまとめて対策できるのはこの講座くらいでしょう。

有料記事を無料公開中!

志望校に絶対受かりたい

受験勉強に不安がある

以前より、合格までの全手順をまとめた有料記事を3980円で公開しておりました。

しかしコロナで状況は一変し、先の見えない中で不安なまま勉強を続けている学生が非常に多くなりました。

そこでこの度、当ブログ閲覧者限定で、昨年100人以上の受験生を合格にサポートした有料記事を無料公開させていただくことに決めました。

総作成時間100時間・1万文字越え 志望校合格ロードマップとなっております。今後の受験の参考になればと思います

\有料記事公開中/